耳鳴りを未然に防ぐコツ|日ごろから耳を手入れしよう

聴きにくくなったら

看護師

30代から少しずつ聞こえにくくなっていく

最初は高音部からじわりじわりと低下していくので、聞こえにくさに気が付かない人も多くいます。次の段階に至ると疲労感が残ったり、軽い耳鳴りが生じることがあります。言葉の母音は比較的聞きやすいのですが、子音を聞き取る力が低下していき、相手の話に注意しておかないと聞き間違えたり、聞き返したりすることが多くなります。言葉を聞き分ける能力の低下はなかなか回復することが難しく、難聴の症状として補聴器の使用を勧める場合があります。最近では、補聴器が持つマイナスイメージを払拭するようなカラフルな色のバリエーションがあり、あらゆる世代が使用したくなるデザインが登場してきています。

聴力の程度によっては家族のサポートが必要

難聴は世代や病気、生活環境によって程度が違います。軽度難聴は疲労感や聞き間違いがある程度で、補聴器の使用に至らない場合があります。中等度になると、聞き返す回数が増え、家族や周囲の人にストレスを与え、負担が掛かる場合があります。本人よりも家族からの相談が増える時期です。高度難聴は、本人も自覚し、聞き返す手間や、相手への負担を気にして周囲と疎遠になることがあります。家族と協力して会話する楽しみをあきらめないよう、補聴器の使用がお勧めです。機会を失うと自宅に閉じこもりがちになるため、積極的に会話をしていきましょう。重度難聴は、日常生活に支障をきたすものがあり、補聴器の選定にも注意が必要です。しっかり専門の販売店に相談し、中長期的なケアをしていきましょう。聴力の程度により補聴器の価格に幅があります。数十万する補聴器が必要になる場合もありますので、経済面でのサポートを家族一緒にしていきましょう。