耳鳴りを未然に防ぐコツ|日ごろから耳を手入れしよう

聴きにくくなったら

看護師

目や歯の衰えと同じように、年齢と共に耳の聞こえも低下していきます。耳は早い人で30代から少しずつ聞こえにくくなるといわれているので若いうちから注意が必要になります。また、難聴の場合は補聴器を使用することでコミュニケーションを図ることが可能です。

もっと見る

相談することが大切

ドクター

自分の耳に合う補聴器の選び方ですが、自己判断で決めるのではなく医師やお店の方とよく相談してから選ぶと良いでしょう。そうすることで、好きな音楽や映画鑑賞などを依然と変わらず楽しむことが可能になるのです。

もっと見る

選び方について

病院

補聴器は自分に合ったものを見つけるのが大変難しいとされています。人によって聞こえ方の程度が違うため、それにちょうどいいものを探そうと考えたらひとつひとつ試して調整していかなければいけません。そのため、選び方は人によって様々といえます。

もっと見る

不調には原因がある

病院

補聴器を上手に使いましょう

ストレスなどが原因の突発性難聴が最近増えています。しかし、それとは関係なく誰にでもやってくるのが、加齢とともに起こる聴力の低下です。難聴とひとくくりで言ってしまいますが、その程度や症状はさまざまです。難聴になった時は、補聴器の利用が効果的です。少しでも快適なきこえを保つために、上手に使う方法を紹介します。まず、補聴器を購入したお店へ、定期的に訪問します。お店側もアフターサービスは徹底しているので、点検や掃除をどんどんお願いしてください。それが、よいきこえを保つ秘訣です。自宅での補聴器のお手入れ方法は、汗や汚れ、耳垢などをきれいに拭き取ります。ひどい汚れは販売店に持って行って掃除をしてもらいます。保管は、電池をはずして乾燥ケースにしまいます。

目立たないタイプの製品が人気です

難聴者にとって、補聴器はきこえのために欠かせないものです。補聴器を使っていれば、ほぼ健常者と同等の生活ができるからです。それでも最近は若い人の難聴も増えているせいか、なるべく装着しているのがわからないタイプの補聴器が人気のようです。例えば、耳穴補聴器は目立たないため、本人も補聴器をしていることを気にしないで生活することができます。自分が難聴であることを、他人に知られたくない人が多く利用しています。それから、補聴器を購入する時に、無料で何日間かお試しできるサービスも人気です。お安い買い物ではないので、お試し期間があることは安心につながります。納得いくまでレンタルしてくれる販売店もあります。自分に合った補聴器を探すことは、お気に入りの販売店を探すことでもあるのです。

自宅で治せる

耳鳴りはいろいろなストレスや偏った食事をすることでも起こる場合があります。そういった症状を抑えるにはいろいろな手段があるので知っておくといいでしょう。例えば高さが合わない枕を使用していると脳に血液がうまく回らなくなるので、耳鳴りになってしまうのです。また、耳の中に垢が溜まっていると症状を引き起こす原因になるので、定期的に耳かきや綿棒で掃除をするといいでしょう。こういったことを普段から行うことで、わざわざ病院に行かなくても症状を抑えることができるのです。しかし、それでも症状の改善が見られない場合は耳鼻科に行くようにしましょう。耳鼻科では耳鳴りの原因を知ることができ、対処してもらうことが可能です。